FC2ブログ
時々KinKiの時間
2019.09    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   
29.10.2006
comment:0
trackback:0
地下鉄(メトロ)に乗って
Theme:地下鉄(メトロ)に乗って / Genre:映画
小説を読みました。
浅田次郎原作地下鉄(メトロ)に乗って
10月21日から公開されてるみたいですね。
この人の本は初めて読みました。
初めて読む人の本は、なかなか緊張するもんなんですが、すんなりストーリーの中へ入っていくことができました。

私は小説とか読む時、登場人物を想像します。
例えばこの主人公は剛っさんぽいな、この人は織田裕二っぽい。
そうやって読んでると、自分の頭の中で剛っさんや織田くんが動き回るわけですよ。
だから、こうやって映画化やドラマ化とかされると、その登場人物が決まってると、考えなくてもその人達が動き回ります。

なんだか楽しくね?

私だけかなぁ・・・
こんな暗い読み方してんの

さてさて、内容ですが・・・
いつも使ってる地下鉄。
いつものように地下鉄に乗っての帰り道。
主人公が降りた駅は、30年前の世界。

そこで若い頃の自分のお父さんや兄弟と関わってく。
想像してたのと違ったのは、そのまま30年前の世界で主人公が活躍するのかと思ってたら、現在と30年前の世界を行ったり来たり。
しかも地下鉄に乗らなくても、眠っててもフラフラ歩いてても、あっちの世界に行っちゃうんです。
しかも段々時代も遡ってく・・・

こんなこと実際にあったら怖いですよね。

自分の両親の若い頃。
おじいちゃんやおばあちゃんの若い頃。
確かに気になるし、自分の目で見てみたい。
おとんもおかんも笑って泣いて怒って過ごしてたんだろう日々を、この目で見てみたい。

センチメンタルじゃなく、単に興味本位ですが

映画がまだ公開中なので、ネタバレになるので詳しくは書けませんが、原作はおもしろかったです。
理解し合えない父親の子供時代、青年時代を知り、複雑な心境の主人公。
そして自分と愛人の本当の関係を知ることにまでなってしまう。

本当の親子とは、本当の愛とは・・・

まぁ、設定としてはありがちな話ですが、それを作る作者によって、ちょっと違ってきますよね。
なかなか素直に感動できました。
映画も気になりますが、まぁ劇場に見に行くことはないでしょう。
でもレンタル始まったら観てみようと思ってます。
スポンサーサイト



   


 内緒にする
http://reedays.blog3.fc2.com/tb.php/561-86989c9a