時々KinKiの時間
2008.10    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
--.--.--
Comment:×
Trackback:×
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22.10.2008
comment:0
trackback:0
偶然が重なって。
Theme:みんなに知ってもらいたい / Genre:日記
酔っ払いって、こんな風に死んじゃうんだ。
そんなことを体験した。

私じゃなくて弟がね。

弟は覚えてないけどね。

その日私は出かけてて、本当は帰るつもりはなかったんだけど。
イロイロあって朝方3時過ぎ頃家についた。
家の周りは蓮根畑。
家の前の道路の横ももちろん蓮根畑で水が張ってある。
その道路に何か落ちてた。

布団?

車のライトを照らしてよく見ると、顔があった。
何?誰?
ライトで照らしても暗いからよく分からない。

浮浪者?

轢かないように車を入れて、さてどうしたものか・・・と。
顔が見えないし、懐中電灯はない。
寝たふりしてる犯罪者で、近づいたら刺されちゃうかも!?
車のエンジンはそのままにドアを開け不審者を遠くから見てると、玄関から義妹が出てきた。

あ、もしかして・・・

弟でした。
今日飲み会に行くっつってたっけ・・・
でも一緒に行ったもう1人の弟は?

とりあえず家の中に連れてかなくちゃってんで、目を覚まさない弟を叩いてなんとか2人で部屋まで運んだ。
一緒に行った弟も酔いつぶれた兄をどうすることもできず、そのまま道路で寝かせて自分だけ帰ったらしい。オイ!

後でよく聞くと、帰ったのは夜中の1時頃。
それから私が帰ってきたのが3時過ぎでしょ。
2時間も外で寝てたことになる。
10月になり、朝や夜は昼と気温が違ってすごく冷える。
その日もかなり冷え込んでた。

こうやって酔っ払いは凍死するんだ。

しかも寝返りをしたら、水を張った蓮根畑だ。
よく寝返りしなかったもんだ・・・

蓮根畑で溺死なんて!

もし私が帰ってこなかったら・・・
もし甥が泣かなくて義妹がミルク作りに起きなかったら・・・
もし弟が寝返りをしてたら・・・

今頃家は喪に服してた。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。